前へ
次へ

ニキビ治療はキメ肌づくりから始まっている

ニキビ治療の相談は早めに行い、早めの治療で解決できます。
ニキビがなかなかキレイにならないのは何故なのか、ドラッグストアなどで市販されるニキビケア商品を使っている女の子の声です。
ニキビ用のスキンケアに変えたばかりなら、それは肌の内部で眠っていた潜在ニキビが出てきただけかもしれません。
特に、思春期の女の子なら、一瞬不安になるかもしれませんが、キレイになる前兆なので、ここを乗り越えてケアすることが大切です。
肌には古い角質や余分な皮脂が溜まっています。
だからといって、スクラブで擦ったり、洗顔の泡の量が少なかったりすると、肌の表面のキメが傷ついてしまいます。
キメ肌が美肌の目安と言われるのにもしっかりした根拠があります。
キメは、肌表面にある角質のことです。
肌内部の水分を維持する役割を担います。
それが奪われると、乾燥が進み、刺激にも過敏になります。
保湿に専念しても、ベタつく皮脂が増えるだけ、毛穴が詰まり、ニキビができる負のスパイラルに陥ります。
だから肌の土台づくり、キメ肌は正しいケアでこそつくり出せるのです。
そのためにも、ニキビ治療外来へ足を運びましょう。

Page Top